トップ / 婚約指輪の素材について

婚約指輪の素材について

婚約指輪の人気の素材

人気の婚約指輪の素材について

婚約指輪の素材には色々な人気の素材がありますが、変わらない愛を誓うという意味で金やプラチナが群を抜いて選ばれています。最近では様々なデザインの物が作られるようになり、選ぶ楽しみもあります。しかしながらだれしもがその様な指を身につけることが出来るとは限りません。価格的なハードルであれば貯めれば済むことですが、この様な貴金属で金属アレルギーが発生するなどの場合にはなかなか困難であると言えます。その様な場合には婚約指輪の素材にステンレスを選択するのも人気となっています。

結婚指輪の意味と歴史

結婚指輪は結婚の証として男女が薬指につけるものです。一般的に定着したのは第二次世界大戦後に西洋式の生活になり結婚式も欧米風になった昭和40年代頃に定着しました。結婚指輪は毎日つけたまま生活するのでシンプルで邪魔にならないものが適しています。変質しにくいプラチナやゴールドに人気があります。婚約指輪と重ねづけができるデザインのセットリングは華やかな席やフォーマルの席にも利用できるので人気の高いものです。生涯身につけるものですから飽きのこないシンプルなデザインのものに人気があります。

↑PAGE TOP